月別: 2017年9月

審査を通るかどうか


おまとめローン実際に総量規制を回避し、おまとめローンという形で消費者金融のローンを利用したいと思っている場合、どのような条件をチェックして利用する会社を選択するのが良いのでしょうか。ここでポイントとなるのは、まずは審査を通る事ができるのかどうか、という点です。もちろん消費者金融側としても事業としてこのおまとめローンの展開を行なっている以上、一方的に不利になるような条件での貸付を行なうことができないのは事実です。しかし、おまとめローンが必要であるというケースについては、一般的な基準での審査を行なうと通すことができないような状態になってしまっている利用者が多いのもまた事実となります。

そのため、消費者金融によっては、おまとめローンについては低めの審査基準を設けている場合があります。これについては貸付残高などをチェックすることによって、どの程度で利用ができるのかを考えることができるでしょう。なかにはおまとめローンの専用商品のようなものが用意されいてるような場合もあります。こういったものを合わせて、自分がローンの一本化を行なうことができるかどうかについてチェックして考えるようにするのがポイントとなるでしょう。

 

一本化前の金利を見る

 

おまとめローンを使用する場合において、失敗してしまう例というのはないのでしょうか。基本的におまとめローンはそれ自体を見た場合については「利用者に一方的に有利な借り換え」のシステムであることは間違いありません。そうでなければ総量規制の対象外になることができず、そもそも貸付を行なうことができないようなシステムとなっている、ということは最初に紹介したとおりです。しかし、その上で失敗してしまう可能性があるケースとしては、金利がかえって高くなってしまう可能性がある、ということが挙げられます。

ショッピングローンこれについては、現在借りているローンの金利がどの程度に設定されているものであるのか、ということについてチェックをする必要があります。ショッピングローンやリボ払いの返済などについはて、一般的に金利が15%以下のような設定となっていることが多く、消費者金融よりも低く設定されているものです。そのため、何が何でも一本化した方が金利が安くなり有利である、というわけではないことは十分チェックをしておく必要があります

もちろん、他のローンも同等またはそれ以上に金利が高いようなものである場合については、おまとめローンによる効果はより高いものとして発揮されます。

消費者金融の一本化


金利消費者金融は、銀行よりも金利が高く設定されていることが多いものの審査がスピーディで通りやすいという特徴を持っている金融機関です。気軽なローンのために利用したい、という場合について検討することができるものとなっており、様々な場合において利用が考えられるでしょう。この消費者金融にとって、大きな状況の変化を生み出すことになった法律が2010年に成立しています。改正貸金業法の中に、総量規制という規制が発生したことです。

この総量規制というのは、ローンの利用者の収入額の3分の1を超えるような金額の融資を行なうことができない、というような規制のことを言います。これによって、返済のために新しく新規借り入れを行いたいと思った場合についても、総量規制によって借り入れを行なうことができなくなってしまう、というようなケースが登場することになりました。これによって帰って利用者が不利になってしまっているということも発生したため、これを避けることができるような方法として新しく登場するようになってきたのが「おまとめローン」というものです。

このおまとめローンというのは、複数の会社から借り入れを行っている人が、その借金を一本化する形で別の金融会社から借り入れを行なうことによってより返済を行いやすくする、という性質を持っているものです。この性質上、利用者に一方的に有利な借り換え、という総量規制の除外要件が適用されるようになり、利用ができるようになりました。